記憶法&発想法―頭がよくなる脳の使い方
記憶と創造の脳科学   記憶術とは?  創造力の鍛え方  アイデア発想法   記憶術初心者講座

記憶法&発想法―頭が良くなる脳の使い方

仕事や勉強、人生の役に立つ知識や能力開発法について
お教えしています

  興味のある話題やキーワードを見つけたら 下記をクリック

脳の重さは頭脳とは無関係?   脳細胞は減るばかりで増えない」は間違いだった
脳のしわができる本当の理由  体験の記憶勉強による記憶はまったく異なる
レム睡眠について知ってる?   海馬扁桃体の役割と関係とは?
なぜブレストは失敗するのか?   すべての創造模倣から出発する」は誰の言葉?
語呂合わせはどれだけ試験に役に立つ?  記憶術ってどんなやり方でいう覚えるの?

脳に関する「知識」だけでは
受験やビジネスは戦えない。
大事なのは「記憶と発想」の技術

 相変わらずの脳科学ブームですが、脳の仕組を知っただけでは不十分です。その知識をもとに、いかに効率よく脳を鍛えて、実生活に役立てるかが大切なのです。そのために当サイトが選んだテーマが、“記憶と発想”です。

 どんなに知識が豊富でも、発想力(創造性)が乏しければ、それを生かすことができません。また、発想力が豊かでも、基礎となる知識がなければ、やはり創造には至りません。知識と発想は車の両輪。どちらも成人してから思う存分、磨ける能力です。このサイトが、あなたの人生を充実させるためのきっかけとなれば幸いです。

資格取得、高校・大学受験、クリエイティブ・ワーク、能力開発、創造的生活に!
あなたの脳を鍛え、未来を築くヒントがきっと発見できるはず‥‥

記憶と創造の脳科学
 記憶や創造を司る脳の仕組はどうなっているのか? 昔からの常識が最新の心理学・脳科学で追認されたり、くつがえされたり…。そんな知の楽しみが詰まっています。
創造力の鍛え方
 創造力を生む基礎となる連想力や発想力を伸ばすためのトレーニング法を実践的に解説。模倣と創造、個性などについてもクリエイターの立場から述べています。
記憶術とは?
 記憶術について、従来の記憶法、語呂合わせ記憶法の長所と短所、イメージの記憶に果たす役割、限りなく記憶術に近い記憶法、などに分けて説明しています。
アイデア発想法
 アイデア発想をグループで行い成果を出すブレーンストーミングやその応用の一人ブレスト、アイデア発想の心構えなど、創造的仕事に役立つ基本について解説しています。
記憶術初心者講座
 記憶術の初心者がつまずきやすい最も基本的な技法をウェブ上で、まるで教室で教えるようにわかりやすく具体例を用いて解説しています。初めての方は必読。

 連想力  模倣と創造  CQ
 ブレーンストーミング
 記憶の3段階  忘却曲線
 文章上達法  読書の効果

脳トレをするなら、楽しく覚える記憶術がいちばん!

 「右脳のトレーニングをすれば、もの凄い能力が開発できる!」そんな夢のようなことを信じて10万、20万、30万…というお金を使って、結局何も身につかなかった経験のある方はいらっしゃいませんか? 「もう、右脳の話なんかこりごり」という方に、お金がかからない前頭葉鍛錬の方法をお教えしましょう。

 それは記憶術という方法です。ひと頃、高校受験から資格取得までの切り札として記憶術が脚光を浴びた時代がありました。しかし、「方法を覚えればすぐに記憶の達人になれる」かのような宣伝方法がどこかうさん臭い上に、「試験が丸暗記だけで通用する」ような時代ではなくなってしまい、記憶術はは一部の人の関心しかひかなくなりました。

 しかし、記憶術を身につけることは、並外れた記憶能力を獲得することだけがメリットではありません。記憶術は人間が頭にいろいろな物や出来事などを視覚的にイメージする能力があることを利用したもので、頭の言語野(左脳)と右脳を連携させながら、大脳の司令塔ともいうべき前頭葉(前頭前野)を駆使して覚える技術です(「記憶術とは?」の各ページ参照)。

※注:前頭葉とは、人間の意欲、計画、創造、実行などに関わるすべてを統括して行う場所で、まさに人間の脳の中の心臓部ともいえる器官です。

 そのため、記憶術のトレーニングを続けること自体が、前頭葉に関連した意欲集中力を高め、アイデア発想力、創意工夫力などに必要な想像力を養うのです。記憶術を身につける過程で得られるそれらの副産物は、まさにそれ自体を目的にしてもよいくらい価値のあるものです。

仕事に役立つアイデア発想法やブレーンストーミングの技術も

 記憶術は方法論を知り、トレーニングすることによって初めて使えるになる特殊な技術ですが、次にお勧めするアイデア発想法やブレーンストーミングは、方法論を正しく理解するだけで誰でもできるようになる技術です。

 アイデアの豊かな人は「ある種の才能がある」と思われがちですが、そんなことはありません。既成概念にどれだけ縛られているのか、いないのかの差にすぎないのです。ですから、ちょっと考え方の習慣を変えるだけでも発想力が変わってくるはずです。といわれても、ものの見方をどう変えるのかは難しいものです。そこで考えられたのが、「SCAMPER」という7つのチェックリストを利用した発想の技法です。アイデアに詰まった時には、このチェックリストを使うと不思議に思いつかなかったことが見えてきます。

 次に、グループでアイデアをたくさん出す手法として、ブレーンストーミングも有効な方法です。通常5〜10人くらいで行うものですが、人選や進行役、出席者の心がまえなど、成功させるために知っておくべき知識や技術がたくさんありますから、本サイトの解説にざっと目を通しておくことをおすすめします。

 なお、ブレーンストーミングは集団的なアイデア発想法の技術ですが、これを応用した「一人ブレーンストーミング」の方法も知っておくと便利です。いずれにしても、アイデア発想法は仕事だけでなく、プライベートな催し物をはじめ、さまざまな計画・構想にも応用できるものです。無限の可能性を持っている脳を、小さな部屋に閉じ込めておくのではなく、発想だけは自由にはばたかせる技術を身につけておけば、これからの人生はもっと豊かになっていくはずです。

  トップ   記憶と創造の脳科学index   アイデア発想法index