記憶法&発想法―頭がよくなる脳の使い方
アイデア発想法
記憶と創造の脳科学   記憶術とは?  創造力の鍛え方  アイデア発想法   記憶術初心者講座

アイデア発想の原点/ブレーンストーミング

 ブレーンストーミングは集団的な発想法のことで、経験したことのある方も多いと思いますが、復習の意味でまとめてみます。

 そもそもこの手法は、アレックス・F・オズボーンが考案した会議方式の一つで、名称自体は1953年の彼の著書で使用したのが始まりだそうです。いわば年季の入った発想法で、いまだに廃れていないことがブレーンストーミングのすぐれている証しともいえるでしょう。

 ブレーンストーミングを行う上で重要なことは次の4点です。

@量より質

質を気にせず、とにかくたくさんのアイデアを出すことを目指します。

A奔放な発想、突飛なアイデア

 ばかげているとか、実現性がないとか、心に制約を設けず、どんな突飛なことでも思いついたら口に出すことが奨励されます。

B他人のアイデアに便乗は大いに結構

 誰が先に言ったことだろうが気にせず、そのアイデアに便乗して修正、改造、発展、結合を自由にしてよいということです。

C批判の禁止

 人の出したアイデアを一切批判してはいけません。上司が部下のアイデアに否定的なコメントを発するのは特に禁物ですが、現場の立場から「無理」というような発言もいけません。どうしても批判をしたい人は、批判の代わりに修正案または対案を出すというのがルールです。

 私はクリエイティブ関係の仕事が長かったので、ブレストは何度も経験していますが、メンバーによってはなかなかうまくいかないことがありました。

 最も難しいのが4番目、「批判の禁止」がなかなか守れないことです。参加者に批判精神が旺盛でおしゃべりな人がいると、どうしても感想を述べようとします。するとたちまち、アイデアを出す場が議論の場と化してしまいます。そんな人には、批判せずに対案を出すようにしてもらうのですが、うまくいくかどうかは司会者の力量にかかっています。

 

 また、影響力のある大物上司がいると、しゃべらなくても表情で空気が変わります。ブレストの段階で大物が出席すべきかどうかという問題があるわけですね。空気を読みすぎる迎合型(日本人の典型)が参加者に多い場合は、気をつけるべき問題です。

 そのほか、2番目の「奔放な発想、突飛なアイデア」も言うのは簡単ですが、現実には月並みな似たり寄ったりの発想しか出てこないことがあります。実務能力の高い人にその傾向が多く見られるので、いったん「常識」は棚上げにしましょう。
      ◇          ◇          ◇

 以上がブレーンストーミングの概略ですが、進めるに当たっていくつかの手順があります。また、当然ながらアイデアが出尽くし、ブレストが終わったあとのまとめ方も大事です。

 次に、ブレストを成功させるために重要な2つのポイント、会議を始める前の「準備」と、その中でも特に重要な「人選」について、ページを改めて解説をします。

  ブレストを成功させるための準備   ブレストで成果を得る人選とは


  トップ   HOME  > 仕事に役立つアイデア発想法(index)