記憶法&発想法―頭がよくなる脳の使い方
記憶と創造の脳科学   記憶術とは?  創造力の鍛え方  アイデア発想法   記憶術初心者講座

記憶術/イメージ連結=結合法の例題解説

「イメージの描き方がわかりません」
「2つのイメージをつなげて覚えても、すぐに忘れてしまうのですが…」


 これは記憶術の技術質問によく見られるものです。そこでこのページでは記憶術の技法としては最も普遍的で、基本中の基本ともいうべき、「突飛なイメージほど忘れない」という記憶術のセオリーを解説いたします。

 なお、前ページの解説、「初めての記憶術レッスン&練習問題」をご覧になっていない方は、ものの順序としてそちらを先に読んで下さい。最後に例題があり、本ページはその例題に沿って記憶術の技法を具体的に説明するものです。解説だけを読むよりはるかに効果がありますよ。

記憶イメージは非常識な世界ほど強い

 前のレッスンでは、記憶術は2つの単語を関連付けて覚える方法だということ、そして言葉は視覚的にイメージ化してストーリーを作るということを述べました。イメージの結びつけ方としては、日本昔話が参考になります。

 たとえば、「テーブル」と「スキー」を関連付けて覚える場合は、「テーブルがスキーをしている」というように、自由なイメージを頭に描くのが記憶術らしい技法となります。練習問題として次の5つを挙げました。このページはその解説編です。

【練習問題・再掲】
@ワニ……飛行機雲
Aキリン……月
B水道……うなぎ
Cパンダ……こいのぼり
D東京タワー……皿

 まだ練習問題にチャレンジしていない方は、次の解説を読む前に「テーブル→スキー」の例を参考に2つの単語をイメージで連結してみてください。

記憶術・イメージ連結法【練習問題の解説】


@ワニ……飛行機雲
 イメージ例:ワニが口から飛行機雲を吐き出した。


 正解はこれに限りませんが、ダメな例を一つ。「ワニが飛行機雲を見ている」では、あとになって、ワニが何を見ていたのか、あるいは誰が飛行機雲を見ていたのかがわからなります。ワニと飛行機雲の直接的なつながりが弱いためです。
 ワニといえば大きな口と鋭い歯です。あの口から飛行機雲が吐き出されるイメージは鮮烈に頭に焼きつくでしょう。そうか、飛行機雲はワニが吐き出したものなのか…と。そんなことはありえないのですが、記憶術では夢物語を自由に広げてよいのです。

Aキリン……月
 イメージ例:キリンの首がどんどん延びて、月まで届いた。


 キリンが月面に降りたり、走ったりしている姿をイメージするのもかなりシュールで、正解です。でも私のお気に入りは、キリンの首がどんどん伸びていくイメージです。記憶術のストーリーにはその人の個性が現れます。だから、より深く脳に刻まれるのです。

B水道……うなぎ
 水道の蛇口から、うなぎが次から次へと出てきた。


 水道(蛇口)の形ははっきりしていますが、うなぎはヘビに形が似ているのでイメージ化には注意が必要です。たとえば、「水道の蛇口にうなぎがまきついた」とすると、直後は覚えていても、あとでヘビと混同するおそれがあります。
 蛇口からうなぎが出てきたらびっくりしますが、でもうれしいですね。イメージするときに、そんな気持ちをほんの少し込めるのがコツです。
 
Cパンダ……こいのぼり
 パンダがこいのぼりにぶら下がっている。


 パンダって、あの体で木登りがけっこう上手なんですね。でも、「パンダがこいのぼりのポールによじ登っている」では、こいのぼりまで少し遠くなります。パンダからポールは思い出せても、何のポールだったかわからなくなる可能性があります。
 パンダがこいのぼりにぶら下がっているなんてありえないことですが、この突飛な光景こそが脳にインパクトを与え、記憶にしっかり刻みこむのです。
記憶イメージ:東京タワーの先端で皿回しをした。
D東京タワー……皿
 東京タワーの先端で皿回しをした。


 「東京タワーから皿が落ちてきた」、あるいは「皿を投げた」でも、めったにないことで面白いのですが、やはり「皿回し」の強烈さには負けるでしょう。東京タワーから落ちてくるのは皿ではなく、どんぶりやテーブルでもよいわけですから、両者の結びつきがやや弱い意味もあります。
 東京タワーで皿回しをする場合、お皿は東京タワーに負けないくらいい大きなものにします。さらに、東京タワー自身が回しているイメージがよいでしょう。

   ◇   ◇   ◇

 今回のレッスンでは、「記憶イメージは非常識な世界ほど強い」ということを中心に、連想イメージのコツを解説しました。初めの頃は常識世界から頭が抜け切れず、突飛なイメージが思いつかないかもしれません。でも、何度も練習問題をこなしていくうちに、頭の中に「非常識の世界」が形成されます。記憶術の脳が生まれるのです。

 それでは最後に、上の5組が覚えられたかのチェックです。左の単語だけを示しますから、イメージのストーリーを思い浮かべて、右の単語を答えてください。

 @ワニ Aキリン B水道 Cパンダ D東京タワー

  NEXT  BACK  HOME  TOP

記憶術のやり方(無料講座)/脳の鍛え方/勉強法