記憶法&発想法―頭がよくなる脳の使い方
記憶術とは
記憶と創造の脳科学   記憶術とは?  創造力の鍛え方  アイデア発想法   記憶術初心者講座

記憶術とは? いろいろな記憶法との違い

  〔記憶術とは?〕 各ページのタイトル
〔記憶術とは?〕 各ページのタイトル
・覚え方を工夫した従来の記憶法
・語呂合わせ記憶法の長所と短所
・イメージの記憶に果たす役割
・大事件や珍しい出来事は忘れない。だから…
・限りなく記憶術に近い記憶法

紀元前ギリシャで生まれ、ローマで育った記憶術


・ 間違いだらけの記憶術情報1(書籍)
・間違いだらけの記憶術情報2(クチコミ)
・間違いだらけの記憶術情報3(広告)

暗記が苦手。味気ない勉強はしたくない、という方へ

 記憶術のお話しに入る前に、誰もが試験の前に行っている普通の暗記法について考えてみます。私も中学、高校時代に覚えがありますが、暗記といえば試験に出そうな重要項目(キーワード)の内容や関連する単語を結びつけるために、繰り返し心の中で唱えていました。

 たとえば次のように、左のキーワードを見て、目隠しをした右の語句がすぐに頭に浮かぶようになるまで、何度も繰り返すという方法です。今でも、電車の中で女子高校生がそうしているのをよく見かけます。

  ・ルソー        契約論
  ・世阿弥       花伝書 
  ・オゾン層の破壊  フロンガスの発生
  ・ゴルジ体      糖の分泌
  ・フィラデルフィア  製鉄
  ・ashamed       恥じて

 試験というものは大半が、教科書・参考書に書かれたことをどれだけ覚えているかを問う問題になっているので、受験生に機械的な暗記を強いることになります。

 でも、こんな機械的な暗記の勉強なんてつまらないに決まっていますよねぇ。受験時代の私は覚えるための勉強が嫌いで、暗記から逃げまくっていました。当然ながら社会科や理科の成績は悪く、自分のことを記憶力が悪いと思い込んでいました。

 そもそも、さほど興味のない事柄をばらばらに頭に詰め込むほど無味乾燥な作業はありません。頭では将来のための大切な勉強だと思っても、心(感情)が無意味だと感じてしまえば、努力を続けるのは至難の業です。

 こんなくそ面白くないことを覚えて、将来、何の役に立つんだ?
 大学に入るためだけの勉強なんて、本当の勉強じゃない。

 高校時代の私は、こんな考えが頭から離れませんでした。私が社会に出てから記憶術の習得に励んだのは、以上のような暗記に関する本音と建前の葛藤があったからです。でも、今なら昔の私にこう教えてあげたいですね。

 つまらないことに時間をかけるのがもったいないのなら
 必要なことはさっさと覚えてしまって、大事なことに集中したら…?
 そのために、短時間でラクラクと確実に覚えられる記憶術という方法があるんだよ。


 このサイトは、暗記をつまらないと思う人や、暗記に自信のないすべての人に、記憶術というものを正しく知ってもらいたいと願って作りました。まずはこのサイトで正しい知識と基礎的なノウハウを身につけるために、ほんのわずかの時間を割いていただければ幸いです。

いろいろな記憶法と、記憶術の入口が2行でわかる、各ページの紹介

 覚え方を工夫した従来の記憶法
記憶術がどういうものかを説明する前に、覚え方を工夫した従来の様々な記憶法についてまとめています。

語呂合わせ記憶法の長所と短所
語呂合わせ記憶法に関して、歴史年表、円周率、元素の周期律表、英単語などの具体例を紹介しながら、語呂合わせの長所・短所をまとめています。

イメージの記憶に果たす役割
記憶術がそれ以外の記憶法と根本的に違うのは、イメージや連想の力を利用する点です。イメージは、言葉よりもはるかに生き生きと、強烈に、いつまでも記憶にとどまります。

大事件や珍しい出来事は忘れない。だから…
大事件や珍しい出来事は、覚えようとしなくても脳に深く刻み込まれ、忘れません。記憶術はこうした記憶の原理を利用した技術です。

限りなく記憶術に近い記憶法
「忍者の失念術」を発展させた「限りなく記憶術に近い記憶法」のやり方を公開しています。買い物リストなど、とっさの場合の記憶に便利です。

間違いだらけの記憶術情報1(書籍)
「記憶術は市販本で身につくか」「書籍では記憶術の習得が難しい二つの理由」などについて論述しています。記憶術の本を買う際の判断基準にも役立ちます。

間違いだらけの記憶術情報2(クチコミ)
記憶術についてのネット上のクチコミは信用できるのか?「記憶術をやるために覚えなければならないことがある」「記憶術は見世物で、実際の勉強には役立たない」などについて検証。

間違いだらけの記憶術情報3(広告)
記憶術の誇大広告とも思える内容、「一度覚えたら忘れない」「記憶術は右脳を使って覚える方法」「一日10分の練習で習得できる」などの問題点について解説。

  トップ   HOME  >   記憶術とは(index)